3.R

 

 

今回は統計ソフトRの話。

 

 

 

このソフトを扱うためにはRでプログラムを組んで実行しなきゃいけないんだけど、

 

そもそもプログラミングって、それこそPCが好きな人とかアプリを作る人とかは出来るけど、それ以外の人たちはそんなに出来ないってイメージ。

 

出来る必要もないしね。

 

 

 

 

でも近年ではネット社会と言われるようになるまでインターネットが普及したせいか、工学的技術の価値がかなり上がっているような気がする。それこそプログラミングとか、機械学習とか。

 

そんな時代の流れに乗ろうと思ったミーハーな僕は、ある企業でインターンをしていて、そこでは R,SQL,Pythonとかを使いながらデータ解析の仕事をしている。

 

 

 

僕もまだそれらの経験歴が深いわけではないけど、なにも知らないという人のために使用ソフトの一つ、Rについて紹介しようと思う。

 

全人類の知識の源によると、Rとはどうやら

 

f:id:sakigakeman:20160213132912p:plain

 

 

 

のことらしい。

 

でも読んだだけじゃさっぱり分からないだろうから(読めない)

ちょっと補足。ちなみに僕もいまいち何言ってるのか分からなかった。笑

 

 

あくまで僕の主観的イメージだけど、Rって一言で表すなら

 

 

『自動統計解析装置』

 

 

って感じかな。

 

 

データを打ち込んでコマンドを書けば結果が返ってくる。簡単に言えばただそれだけ。

 

いやいやでも難しいじゃんって言う人も多いかもしれないけど、それはコマンドを書くのが少し面倒なだけでそれ以外は特に難しくはないと思う。

 

 

 

飽きたからRの詳しい説明は省くけど、とりあえず何も知らない人でもそういうツールがあるってことは知っておいても損にはならないんじゃないかなーと。

 

 

次はCMか、TOEICか、鉄道の話。